交通事故後の損害賠償

運転をする方達の中で大なり小なり問わずであれば、交通事故にまきこまれない方はいないでしょう。特に交通事故によって被害にあった方ならば一刻もはやく病院で正確な検査と適切な治療を受けなければなりません。

また、交通事故現場を最大限そのまま保全したり証人を確保して今後過失の程度を判断したり損害賠償を受ける時に問題にならないようにするべきです。

交通事故損害賠償金はどのように決定されるのか?

交通事故被害者損害賠償額は、被害者の所得と過失の程度、入院期間と障害率はどの程度なのか?により先に決定されて交通事故後被害者が受けた労働能力喪失に基づいて、当時の所得または、推定所得によって評価されることになります。

それで入院期間の間休業損害を計算してみて退院後の障害に対する喪失収益まで計算することになります。もし被害者の過失がない場合には看病費と休業損害、障害にともなう喪失収益や慰謝料などに基づいて交通事故損害賠償金が決定されるが、もし被害者の過失があるならばその過失程度ぐらいを差し引いて交通事故損害賠償金を受けることになります。

交通事故損害賠償は誰から受け取る?

交通事故発生時被害者が受ける損害賠償金には保険会社の策定基準と裁判所の判決金額に差があります。保険会社はより利益追求が目的なので実際の損害額よりはより少なく保険金を支給しようとする方向を提示して、裁判所では被害者が実際受けた損害を補償するようにしているためです。

だから被害者が直接裁判所に訴訟を提起する事例が少なくありません。交通事故に遭った場合は専門弁護士を通じて正確な交通事故損害賠償金を確認してみるべきです。弁護士と相談を通じて先立って申し上げたように看病費、休業損害、喪失収益、慰謝料などを計算して被害者が受けなければならない正確な損害賠償金を知り、被害者の権利を正確に保障受けなければなりません。

飲酒運転の処罰 年末が近づいて各種飲み会や行事が集中する季節です。 酒を飲む席には自分の車を置いて行くことが最も良いが、やむをえずある場合には代行運転や酒を飲まなかった人が運転をすることが安全ですだが、家と近い距離にあるとか、この地域は私がよく分るので、取り締まりがないと判断したり、自身が酒を飲んだが運転には支障が全くないと判断する時、飲酒運転が主に発生することになるんですが、まさか..、、、、というタイミングで予想できない事故が必ず発生することになります

とりわけ飲酒後運転は処罰も厳しくなり、各種民事、刑事上の責任が発生するので飲酒取り締まりに摘発されたり、運転中に事故が足間することになれば本人だけなく他人の生命にも非常に危険な状況を引き起こすことになります。

飲酒運転は自分の生命だけでなく他人の生命も危機にさらす非常に危険な行動です。酒の席や飲み会で誰かが飲酒後運転をするといえば、周辺で互いに止めたり、運転をできないように説得する文化が必要です。すべての飲酒運転者が、取り締まりや事故後、大きな後悔をすることになります。飲酒後運転は必ずひかえるように願います。

交通事故の慰謝料に関する相談



交通事故に遭った際には出来るだけ早い段階での相談が必要です。

とくに加害者と被害者で示談金を巡りもめているようなケース。後になればなるほど、状況は良くない方向に進んでいくことが多いので、まずは専門家の意見を聞くようにしてください。

リスト

ページのトップへ戻る