飲酒運転処罰の減軽理由

この頃飲酒運転に対する処罰が強化されて、過去より飲酒運転による摘発事例は減ったが、まだ飲酒による交通事故は多いです。

過去に比べて社会的な認識もたくさん変化したし、代行運転の活性化など飲酒後で運転は次第に減っているけれど、事故の頻度はどういったことなのか、減らないでいます。とりわけ各種飲み会や忘年会などが多い年末には昼夜区分なしに酒の席が増えるので飲酒取り締まりが強化される傾向にあります。

過去には主に飲み会が夕方時間帯に集中するので、飲酒取り締まりも夜時間帯に集中しました。だが、最近では昼間時間にも飲酒運転で摘発される人々をたびたび見ることができます。飲酒運転は私の生命を危機にさらすが、周辺の人々の生命も危機にさらす違法行為です。酒を飲んで運転をすることになれば、危険要素に対する対処反応が遅くなることになって、車線違反や信号違反等で、他の車両にも危機になるだけでなく、事故発生時大事故にもつながる非常に危険な行動です。

特に酔っ払うほど酒を飲まなかったとして、ハンドルを握る方々も多いのですが、近い距離なので酒を飲んで運転をする方々も多くて、血中アルコール濃度は無視し、周辺の引き止めにもハンドルを握る方々が多いです。

とりわけ飲酒取り締まり摘発時、車両を捨てて逃走したり、車中で取り締まりに応じない方たちもいるんですが、最も良い方法はいくら近い距離でも、酒約束がある時は車を置いて出るか、車を乗ってきたとしても代理運転を利用して帰った方が良いです。

安易な考えでややもすると大きい事故が発生することになれば、飲酒運転は処罰も強化されたし、民事刑事上の責任まで負わなければならないので、酒を飲んだ後には絶対ハンドルを握らないことが私の家族そして他の人を守る基本的な方法になります。飲酒運転で摘発されれば、運転免許取り消しや停止処分を受けることになるんですがこの時、異議を申請して処罰を減軽することができます。

とりわけ人を打ったり死亡に達するようにすれば、一生を罪悪感に苦しめられなければならなくて、補償と法律問題で人生が一瞬にして転落することもある非常に恐ろしい行動です。飲酒で交通事故が発生することになれば、各種法律問題と示談等をしなければならないのですが、この時、慌てずに、専門弁護士との電話相談で賢明で素早い対処をするように願います。

交通事故の慰謝料に関する相談



交通事故に遭った際には出来るだけ早い段階での相談が必要です。

とくに加害者と被害者で示談金を巡りもめているようなケース。後になればなるほど、状況は良くない方向に進んでいくことが多いので、まずは専門家の意見を聞くようにしてください。

リスト

ページのトップへ戻る