ひき逃げ事故基準の基礎知識

ひき逃げ事故基準と交通事故の処罰

身の回りにありふれている大きな危険の一つが交通事故です。 だが、交通事故のうちに、特にさらにくやしいのがひき逃げ事故でしょう。 交通事故に遭って経済的、身体的被害をこうむったが、事故を発生させた加害者が現れないのは、特に被害者にさらに精神的な苦痛を抱かせられるために、いわゆる"ひき逃げ事故"はより一層処罰を厳しく罰せられます

ひき逃げ事故の基準 交通事故で占める比率がますます増えている傾向です。全体交通事故発生率は減っているけれどひき逃げ事故、特に飲酒ひき逃げ事故率は2008年以後にますます高まっています。 だが、ひき逃げ事故の検挙率が大よそ94%に達するという事実を知っていらっしゃいますか?

もし瞬間のミスでひき逃げ事故を発生させたとすれば専門弁護士の助けを受けて事故を円満に解決して処罰を低くすることが最も賢い選択でしょう。 ひき逃げ事故は'人的被害が発生'しているかどうか?がその基準になります。

当て逃げというものがあるが人的事故が発生しなければ法的にひき逃げ事故と認められたりしません。(だが、当て逃げが処罰がないということではありません。)また、ひき逃げというものが事故現場でいかなる処理行為なしで現場を離脱すること、だと知っているように'加害者が事故を認知したのか','事故後直ちに停車して被害者救護行動をしたのか','被害者に連絡先を知らせたのか'また、ひき逃げ事故を判別する基準になります。

ひき逃げ事故の処罰 一般的な対人ひき逃げ事故の処罰は免許取り消しとともに欠格期間が4年です。そして検察で起訴して正式裁判が請求されることができます。そして当て逃げの処罰は事故後に措置がなかった時5年以下の懲役や罰金刑が賦課されることがあります。 また、この中で、飲酒ひき逃げは欠格期間5年でさらに重い処罰を受けることになります。

だが、ひき逃げ事故後被害者を死亡に至る状態で放置した後逃走したり、逃走後被害者が死亡した時5年以上の懲役または、無期懲役刑に処することになります。 また、被害者が死亡しないで傷害で終わったとしても1年以上の有期懲役または、罰金刑に処することになります。 だが、この中でも被害者を死亡後悪意を持って死体を遺棄後逃走した時、最大死刑にまで達することがあります。

交通事故の慰謝料に関する相談



交通事故に遭った際には出来るだけ早い段階での相談が必要です。

とくに加害者と被害者で示談金を巡りもめているようなケース。後になればなるほど、状況は良くない方向に進んでいくことが多いので、まずは専門家の意見を聞くようにしてください。

リスト

ページのトップへ戻る