交通事故後の損害賠償

質問:甲は代理店を経営する乙に雇用されて販売実績にともなう給与を受けている者として、乙が購入して分割払い中にある自動車を買取った。

自動車ローンの分割払い契約上、乙の所有名義とローン返済義務をそのまま維持して、その後の登録変更もしなかったし、自動車保険まで乙の名義でそのままにしておいたが、甲はこの自動車で事故を起こした場合、乙はどんな責任を負うことになるか? この場合は自動車を運転するということによって事故が発生した場合、稼働者損害賠償保障法の適用を検討しなければなりません。

自動車損害賠償保障法相自動車保有者の運行支配は現実的に保有者と運転者の間に事実上の支配関係が存在する場合だけでなく間接的や第三者の管理を通じる場合も含んでいます。したがって自動車を売り渡しても自動車登録名義をそのまま残した状態で事故がおきた場合、売り手が買い手の車両運行において干渉をしたり支配管理する責務があることで評価できるのかどうかを分けて考えなければなりません。

判例は上のような場合に代理店経営者が購入して分割払い償還中の自動車を、彼に雇用されて販売実績にともなう給与を受けている者に売り渡して、売り手名義で分割払い契約上名義とその契約上義務をそのまま保有して、登録変更をしないまま自動車総合保険までも売り手名義で加入させて、売り手自身の事業と関連された買い手の外販業務に使用させてきたとすれば、売り手は上の自動車の運行支配に対する責務を抜け出したと見にくいので自動車損害賠償保障法第3条所定の自分のために、自動車を運行する者に該当する。ですので、その責任を認めるべきだと思います。

交通事故の慰謝料に関する相談



交通事故に遭った際には出来るだけ早い段階での相談が必要です。

とくに加害者と被害者で示談金を巡りもめているようなケース。後になればなるほど、状況は良くない方向に進んでいくことが多いので、まずは専門家の意見を聞くようにしてください。

リスト

ページのトップへ戻る