交通事故の慰謝料に関する基本的な知識

交通事故の慰謝料

交通事故慰謝料は被害者身体の障害発生の程度により変わります。 交通事故死亡時慰謝料は各保険会社ごとに支給基準や支給される金額が違います。 被害者の年齢や過失の有無により変わるが、法で一定に決まった金額があって被害者の障害発生の程度により支給される交通事故慰謝料が変わることになります。

我が国では最高2400万円で交通事故慰謝料を支給するのを原則としていて身体が60%程度障害を受けた場合、2400万円の60%である1440万円が支給されることになります。交通事故死亡時には障害発生の程度100%で見るために最高慰謝料を支給されることになります。

参考:交通事故慰謝料ガイド・・交通時の慰謝料でもめそうなときは?慰謝料が不利にならないために最大限の交渉をしていきましょう。

被害者死亡時は慰謝料はだれが受け取る?

交通事故慰謝料は被害者が死亡時遺族たちが受けることになります。これを法的に'慰謝料請求権'というんですが、慰謝料請求権を行使できる対象は交通事故死亡者の配偶者、子供、両親、兄弟、死亡者配偶者の両親です。交通事故死亡慰謝料は遺族の数により分けて支給することになります。

交通事故示談金 交通事故は普通訴訟まで行かなくてたいてい保険金と示談で終わります。 大きい負傷ではない以上、何週入院したか?でほぼ決まってきます。 このような交通事故時大よその示談金は60~150万円程度です。 示談金は交通事故被害者の休業損害、治療費、慰謝料などにより支給することになるので事実決まった金額はありません。

交通事故示談金は保険会社側で加害者と被害者の適当な金額を調節することになるのに、この時ともすると不当な示談金を受けて終わらせることになります。もし示談金が円満に調整されない場合には交通事故示談金を定めるための訴訟を進めることになるのにこれは保険会社が見る被害が大きいので絶対しようとしません。交通事故示談金訴訟が入ることになれば時間はちょっとかかるが交通事故示談金が約5~10倍までも跳ね上がることになります。

したがって交通事故が発生することになれば専門弁護士の助言を受けて円満な示談金を受け取るように調整された方が良いでしょう。

交通事故の慰謝料に関する相談



交通事故に遭った際には出来るだけ早い段階での相談が必要です。

とくに加害者と被害者で示談金を巡りもめているようなケース。後になればなるほど、状況は良くない方向に進んでいくことが多いので、まずは専門家の意見を聞くようにしてください。

link
相続に関するご相談は【相続 相談】弁護士にお任せ!

リスト

ページのトップへ戻る